 お気に入り登録  観たよ

会員登録(無料)で自分専用の映画録を作成できます

アイアンマン2

公開日:2010年6月11日
上映時間:124分

あらすじ

スターク・インダストリーズの最高経営責任者であるトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、自身こそがアイアンマンである事実を認め、世間に露出していた。世界の未来を考えるために開催したスターク・エキスポでは聴衆を巧みな話術で煽動する。世界の最先端技術が結集するこの華やかな式典の場でトニーは、上院の軍事委員会への召還を告げられる。委員会で武器として認定されたアイアンマンを政府に渡してほしいと言われると、トニーにとってアイアンマンのスーツは一体のものだと説明。委員会側からの追求にも動じることはなく、トニーはアイアンマンである自分こそが「核の抑止力」であると世界平和の「民営化」を高らかに宣言してみせる。北朝鮮やイラン、そしてアメリカ合衆国でさえ、アイアンマンと同等の兵器の開発には成功出来ない中、ひとりの男がモスクワでテレビに映るトニーの姿を睨みつけていた。彼の名はイワン・ヴァンコ(ミッキー・ローク)。全身に刺青を入れた出で立ちは悪党を画に描いたようなものだ。イワンは、トニー・スターク打倒のための計画を着々と進めていた。一方、トニーの身体は蝕まれ始めていた。生命維持のために装着されたアーク・リアクターとアイアンマンスーツの使用によって体内の毒素の濃度が上がっていたのだった。そして事件はモナコのF1レース会場で起きる。トニー自身がレーサーとして参加したレースコースに突如イワンが乱入し、胸に装着したアーク・リアクターを起動し、レース中のトニーめがけて一撃を炸裂させ、車体はまっぷたつに。絶体絶命の状況の中、トニーも負けじとスーツを装着。大混乱のレース会場で両者の激闘が始まるのだった……。

予告編

Amazon Prime Videoで見る

U-NEXTで見る